四季の花とパン作り


by maru
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

<   2011年 11月 ( 4 )   > この月の画像一覧

京都の紅葉

今年も京都に行って来ました。
今年は寒くなるのが遅かったのであまり綺麗に色づかないと聞いていましたが、
永観堂のもみじは例年と変わらずとても綺麗な色の変化を楽しむことが出来ました。
哲学の道を歩いて、白川方面も行って、西から東までバスで移動。

一日フリーの券を買っていったので、バスも地下鉄も乗り放題。
f0077133_97584.jpg
f0077133_975076.jpg
f0077133_98118.jpg
f0077133_98132.jpg

[PR]
by kazuko7777k | 2011-11-30 09:09 | 景色
旬も終わろうとしているいちじくを沢山頂きました。
殆どをジャムにして冷凍しました。

生のいちじくを少し残しておいて、パウンドケーキのトッピングにして、
生地にもイチジクジャムを入れて。
とてもしっとりした美味しいパウンドケーキでした。

朝食用のプルマンも。

土曜日は友人が1時間半かけて車で遊びに来てくれました。
奈良県南部の農産物や加工品を扱っている会社で働いていて、
農業にも詳しく、自分で一反の畑を借りて色んな野菜を作っているとのこと。
お互い忙しく会うのは5年ぶりでしたが、友人を越え姉妹のような感覚で
お互いのこれからの事や夢など話は尽きない一時を過ごすことが出来ました。

今日は自治会の草刈りで殆どの世帯から一名参加。
街路樹の下の草も綺麗に刈り取られ、歩道も綺麗になってさっぱりしました。
f0077133_21493540.jpg
f0077133_215006.jpg

[PR]
by kazuko7777k | 2011-11-20 21:51 | bread&cake

珍しい野菜 コールラビ

ご近所の方が作られたので、頂きました。
初めて見た、珍しい野菜なので写真を。


Wikipedia より
コールラビ(学名:Brassica oleracea var. gongylodes、英名:Kohlrabi)はアブラナ科の越年草。球状に肥大した茎部を食用とする。語源はドイツ語で、キャベツの意味のkohlとカブ B. rapaの意味のrabiより。和名はカブカンラン(蕪甘藍)、カブタマナ(蕪玉菜)。いずれも Kohlrabi の直訳である(甘藍、玉菜=キャベツ)。

ヤセイカンラン(B. oleracea)は、コールラビやキャベツなどの野生種であり、そこから茎の肥大性に着目した人為的な選抜により作られた。(アブラナ科参照)。

…………………

f0077133_1510945.jpg


11月もあっというまに中旬になって、そろそろ紅葉のシーズンです。
[PR]
by kazuko7777k | 2011-11-15 15:11

ウォーキング

今年はこの時期にしては暖かい日が続いていて、日中は戸外にいると汗ばむほどの気温です。
時間が出来た日にご近所の親しい方とウォーキングに行きました。

住まいは振興住宅地ですが、少し歩くと田舎の景色が広がり、ゴルフ場を抜けて
1時間近くで法隆寺まで行くことが出来ます。
他にも山稜を歩くコースや、厄よけで有名な神社へのコースも。

その日は法隆寺の境内で一休みして、帰路は途中の[夢違(たがえ)]というお店で
プレートランチを食べて、法輪寺、法起寺とコスモス畑を眺めながら、歩きました。

法隆寺の門と五重塔
f0077133_9295231.jpg
f0077133_9301646.jpg

[PR]
by kazuko7777k | 2011-11-06 09:32 | 趣味