四季の花とパン作り


by maru
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

<   2009年 11月 ( 4 )   > この月の画像一覧

バタール

こちらでフランスパンと呼んでいるパン。
フランスでは太さによってバゲットとかバタール、 フィッセルとよび分けられているようです。
私は出来上がった太さによって呼び名を変えています。

クープの開き方がまぁまぁかな。
f0077133_21344114.jpg

[PR]
by kazuko7777k | 2009-11-24 21:35 | bread&cake

紅葉

今年の紅葉は例年に比べて一週間ほど早いようです。
先週、車で一時間ほどの談談神社に行って来ました。

神社のもみじはまだ緑で、駐車場のもみじだけが真っ赤になっていました。
f0077133_2128574.jpg

[PR]
by kazuko7777k | 2009-11-24 21:29 | 景色

やっとできた気泡

水分量の少ない配合で、200グラムの粉(リスドォル)を使って、2本に分けて作りました。
かなりベタベタでオーブンに入れる時、大変だったのですが、焼き上がってさめるのを待って切ってみたら、
こんなに気泡の入ったフィッセル(細いフランスパン)でした。
気泡はいいのですが、あまりに扱いにくかったので、次回はもう少し水分を減らす予定です。
f0077133_15573780.jpg


こちらはホシノ酵母の山形ハードブレッド
f0077133_1558393.jpg

[PR]
by kazuko7777k | 2009-11-10 15:59 | bread&cake

気泡の入ったバゲット

いつも参考にさせていただいている、【カルフォニアのばあさんブログ】の
chilbitさんがバゲット作りの動画をアップして下さったので、
今回、初めてのポーリッシュ種を使ったバゲットを作りました。
ポーリッシュ種とは水種とか元種と言って、まず少量の小麦粉にイーストと水を加えて発酵させて、それに又小麦粉 イースト 塩 砂糖 水を加えて作っていくやり方です。
ポーリッシュ種の発酵後
f0077133_19252968.jpg


小麦粉 イースト 塩 砂糖 水を加えて、まぜた後捏ねてひとまとめにする

f0077133_19275563.jpg


発酵後
f0077133_19284568.jpg


成形して布で型どりをする
f0077133_1929471.jpg


2次発酵が終わった状態
f0077133_19303444.jpg


クープを入れて焼き上げる
f0077133_19312684.jpg

f0077133_19314677.jpg
f0077133_1932789.jpg


オーブンのサイズが小さいので、ずんぐりになってしまいました。
それと下からの加熱が弱いので、鉄板側の方の焼け方が良くなかった事
2本に分けた方が良かったかと思います。
反省点も有りますが、味はとても良く、次回からはこの方法で焼くつもりです。
[PR]
by kazuko7777k | 2009-11-04 19:36 | bread&cake